20120811内山杯初日①

8月11日~12日で毎年恒例の内山杯に出てきました!

11日は個人戦で
1本勝負です!
だから始めと同時に1本だとあっという間に試合終了です。
1~2年63人で最初3人のリーグ戦を行い
3人のうち1人がリーグ出てベスト16となります。
その後はトーナメントです。
リーグ戦はスーパースター的な選手とも当たらず
リーグを出ることができました。
1人目は優勢に進めて判定勝ち
2人目は出だしで1本決めて1本勝ち
この時点でベスト16となり
トーナメント1戦目
前に出て、下がらない試合をしたが判定負け。
終わってから様子がおかしかったので
きいてみたら右ひじをたたかれ
半径4cmほどのこぶができており
痛いのを我慢して試合していたとの事。
反泣きでかえってきました。
ちょうど骨折した部位だったので一瞬心配しましたが
痛みも大きくならず大丈夫でした。
おまけで右わき腹もみみずばれでした。
剣道の試合してたらこうなる事多くなってくることでしょう。

下がらずあきらめず戦った事と
激痛を我慢して試合してきた事を沢山ほめました。


12日は団体戦で
先方(娘小2)、中堅(男の子小2)、大将(男の子小2)と3人での団体戦でした。
1回戦は運よく中堅がいなく最初から1勝分不戦勝でしたが
先方が3年生の男の子、大将も3年生の男の子で
秋田市の秋水館という強い道場でしかも3年生・・・
実際試合が始まると
娘は前に出まくって下がりませんでした。
結局引き分けであとは大将が引き分けたので
これまた運よく1回戦突破!

2回戦では
相手は角間川の道場
先方(小3男の子)中堅(小4男の子)大将(小4男の子)でした。
娘は相変わらず下がらなく追いかけまくって
攻めに徹していましたが
相手の引き面で1本となり負けてしまいました。
中堅、大将ともに負けてしまい
今年の内山杯は終了です。


久々の娘の試合でしたが
下がらないで前に出てせめて負けているので
見ている親としても良かったです。
個人戦では痛みをこらえて頑張るという根性も見られました。
克服するべき課題も見つかったのでとてもよかったです!


今回は親バカ剣道日記でした!


スポンサーサイト