娘の今年度初PTAに行ってきました!

昨年は親として初めてのPTAに行って
学級委員長&学年委員長をやる事になりました。
PTAに来ているのは大抵お母さんが多いので
お父さんが行くと役員かリーダー任される確率が
高いとおもう。

学級委員長&学年委員長としての仕事は
常任委員会参加、ランチ会
親子ふれあいPTA、年度末茶話会、その他
ですが
それだけだったら以外に楽なような気がしました。
各学級委員長さんが協力的な方が多く
良い具合に役割分担できていた事がよかったと思う。
しかし、最後の最後で大変な仕事が待ってました・・・
本当にギリギリになって教えてもらったのが
次年度(2年時)の専門部会選出・・・
これは大変でした・・・
各家庭に電話してお願いするのですが
協力的でなかったり
条件があったりで
心の中では
『オラは父子家庭でじじばばもすぐにはこれないとこに住んでるし
当然仕事だってやらないといけないし・・・それでもやったんだぞ!』
って激しく思いました・・・
そんなこと口が裂けても言えないっすけどね・・・
ここだけにしときます・・・すみません・・・

あとは先生もPTAとはかかわりたくないようで
協力的ではないです。
専門部会希望のアンケートもこちらから連絡しないと
もらえない
(もともと回収⇒子供⇒私という流れになっていたのに・・)
別のクラスの学級委員長さんが電話した時
先生が『(学級委員長から)電話来ないな~って思ってた・・・』
って言っていたとの事で
まだ回収できてなかもしれいし
忙しそうだから催促しないでいましたが
ギリギリでも催促してよかったです。

1年の担任の先生は講師の先生でしたので
3月末で異動(講師は1年で異動してしまう)
離任式の日花束を転任される先生へPTAから
贈る事が恒例となっていたようですが
それも離任式2日前に偶然ほかの父兄から
知らされました。
この事は私が気が付かなかったことが悪かったのですが
転任とは関係ない先生に
花束の値段等相談した時は(立ち話で)
『そんなこと言えません・・・』と
あっさり断られてしまいました。
そん事でさえ責任もちたくないようです。
そんなことで責任転嫁しないのに・・・

当然なのかもしれませんが
言いたいことをはっきり言う父兄に対しては
ものすごく気を使っているのがあからさまにわかります。
逆に言うとあまり言わない父兄に対しては
かなりあっさりとした扱いです。
話しかけても一言二言で終了し
前記の父兄に気を使ってます。

学校に対する違和感はかなり大きいです。
まだまだ色々なことあるのですが
やめときます。

すみません
今回は愚痴になってしまいました。
こんなこと
仲良くてもほかの父兄や学校関連の方に
絶対話せないと思って
ひたすら耐えてきたのですが
だれにも話す事ができなく
ストレスたまりまくってきてついぶちまけてしまいました!!!!
まあモンスターがいるからこんなことになるんでしょうね・・・
そんな時代の流れで教師と父兄の溝が深まっただと思います。

一番は子供です!!!!
そのことを肝に銘じて
モンスターにならないよう
やっていきます!!!!



ここのブログがばれてオラがモンスターになってしまったりして・・・



追伸

今年はなんとPTA副会長になってしまいました!
常任委員会に出ていたので
その中から候補を見つけていお願いしているようです。
今回私がそのターゲットになったようです・・

PTA終了後職員室でしばらくいる時間があったのですが
小学生の時職員室は広いイメージでしたが
大人になって改めて入ってみると意外に狭かったです。
スポンサーサイト