8月24日(土)(13:00~16:00)


娘がお世話になっている秋田市牛島の奥檜館道場は
1年生: 4人
2年生: 4人
3年生:11人
4年生: 9人
5年生: 3人
6年生: 7人
合計  38人

と秋田市内の道場でも道場生の多い道場です。
ところが道場自体決して広いわけではなく
道場生の脚力が他の道場と比べても見劣りしてしまうという事で
広い道場で足を鍛える稽古と
普段どのような稽古をしているのかを父兄はじめご家族の方に見学してもらうという
小松館長先生のご厚意により県立武道館剣道場での稽古となりました。

アップ後
広い道場を使って強化選手がどのような練習をしているかを
今年強化に選ばれている6年生の先輩1人と
城南中学校1年の先輩2人(去年の強化選手)に実際にやってもらいました。
コート3面分の広い道場の端から端を使っての見ているだけでも大変そうな練習・・・
その後道場生全員で同じことをやろうとしたものの
当然できるわけもなく見ていて滑稽なところもありましたが
大変さは十分に伝わったようです。

その後は
道場生だけで練習試合を行い館長先生はじめ一般部の先生方や道場の卒業生相手に地稽古をしていただき
時間となり終了しました。

今回の稽古は普段できない広い道場での稽古で娘たちにはとても大変そうでしたがとてもよかったです。
他のスポ小や道場では普段から広いところで脚力が自然についてくる事を考えれば
娘の道場のこれからのステップアップには脚力強化がポイントとなってくると思います。

娘は市の寒稽古後などの翌日以降は必ず脚が筋肉痛になってました。
普段脚を使っていないから突然広いところで稽古するとそうなってしまうんですね。
もちろん今回の剣道場稽古翌日脚が筋肉痛でした・・・

私は昔空手をやっていましたが空手も脚の強化は必須でした。
ダッシュ力はとても大切な事でそれがないと相手の懐にも飛び込めないし
飛び込む前にやられてしまいます。
ボクシングなどを見ていても脚力の大切さは伝わってきます。
何事も脚力が大切だとあらためて実感しました。


小松館長先生はじめ諸先生方、一般部の方、そして道場卒業生の方
本当にありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします!!!!
スポンサーサイト