スマホが水没修理から戻ってきました!

初期化状態でバックアップもとってもなく
アドレス帳はまっさらです・・・
と・・以前使っていた携帯電話にはアドレス帳が残っていることを思い出し
ダメもとでアドレス帳赤外線一括送信を試してみました!
そしたらなんと大成功!
2年前の8月にスマホにチェンジしたので
その時点までのアドレス帳は見事復活しました!
これ嬉しかったです!


ところで今回修理に出して約1週間の修理期間
代替機をかりずに過ごしたのは少しばかり訳がありました。

水没したスマホを放置するわけにもいかず
職場の近くの●oftbankショップ新国道店へ持って行きました。
購入したのもここのショップです。
まず経緯を伝え対応してくれた方が費用などの説明をされます。
内側の機械系のみの取り換えだったら5千円台
外側も交換だったら8千円台
(結果は内外交換で8400円の修理代)
そしてSIMカードも水没で壊れているので
2千円台だと・・

そこでちょっと疑問に感じ
『SIMカードは壊れているんですか?』と質問したら
返ってきた返答が
『SIMカードは水没してますので今壊れていなくても腐食がすすみ壊れるので交換となります』
まぁ確かに腐食はヤバいかなとは思いつつ費用の説明時『壊れた!』と言い切った事が
気に食わず(すみません大人げないです・・)
『スマホ修理戻ってきてSIMカードさして使えなかったら交換してもらっていいですか?』
そしたら
『その時大丈夫でもそれから腐食がすすみスマホも壊れてしまいます』
『そして水没したSIMカードでは修理期間中の代替機もお貸しできません』
と言われました。
少し迷いましたが代替機を借りずに修理を待つことにしてショップを後にしました。

てな具合で修理期間中携帯なし生活となったんです!
見た目で腐食が始まっているのを確認するのはなかなか難しいとは思いますが
『本当に腐食して壊れるの?!』という疑問はぬぐえませんでした。
修理後SIMカードは今のところ使えてます。

実はさらにこのような対応をしてしまったのは
スマホ購入時の対応で解せないことが多々あったことが伏線としてあります。
2年前スマホ注文時
ショップ店員『現在2GのマイクロSDカードが入ってますが
スマホだと容量も使うので最低16Gのものにしたほうがいいです』
というので聞いていたら
ショップでは最大16Gの●oftbank純正のマイクロSDカードが
1万いくらとの事・・・
高いと思い『それは自分で買います』と言ったら
『●oftbank純正でないと壊れる可能性も高いしマイクロSDカードが原因で壊れた時
保証できません』と・・・
え~っ・・・と思いつつその時はマイクロSDカードの購入は保留し
スマホ納品まで考慮する事にしました。

そして帰宅しネットで調べたところ
ジャンク品や無名メーカーは激安で32Gで3千円台が沢山ありました。
流石にジャンクや無名メーカーには手を出す気にはなれず色々調べていたら
私が購入するスマホメーカー(SHA●P製)のサイトで
購入機種のマイクロSDカード動作確認表が掲載されていました。
確か4~5社くらいのマイクロSDカードが確認済みとなっており
そこに掲載されているマイクロSDカードを
32G5千円弱で購入しました。

納品時ショップの方に
メーカーサイトの動作確認オッケー済みのものを購入した事を伝え
結局●oftbank純正品を購入しませんでした。

もちろん転送速度などの違いがあるのかもしれませんが
現在水没したものでも正常に使用できてます。

1Gあたりの値段でいったら●oftbank純正品約625円
メーカー動作確認済みのものが約157円と値段的にはかなり得した気分です。

結局何が言いたかったかというと
『壊れたら保証できない』とか『携帯も壊れてしまうかもしれない』など
いきなり脅すようなことをいう事を言われ私が何も言わなければ
選択肢の提案さえなかった事自体にものすごく違和感を感じたからです。
もあちろん『商売でやっているから売らなくてはいけない』という事もあるかと思いますが
もっと本当の意味での良心的な対応だったらな・・・なんて勝手に感じます。

現在の携帯会社になってから他にも色々なことがあったのであまり良く感じてない事は確かです。

でも〇-Phone時代から契約してvodafon〇となり現在●oftbankとなりました。
丁度今月で13年目でかなり愛着があります。できれば替えたくないんですけどね・・・
ちなみにメルアドはvodafon〇のままです。



注意事項
気分を害された方もいらっしゃると思いますが
あくまで私個人の主観によるものですので参考程度にしてください。
スポンサーサイト