通勤時ラジオから懐かしい曲♪
吉田拓郎『元気です』

私が初めて親に買ってもらったミュージックテープは
吉田拓郎さんの『今はまだ人生を語らず』(1974年12月発売:昭和49年)


小学校4年(昭和50年)の時私は腎臓の病気で数ヶ月入院しました。
秋田大学附属病院小児科で当時は秋田市千秋公園前現在成人病センターのところです。
5階建ての5階が小児科入院病棟で6人部屋です。
小4の私は当然一番年下でした。

病室は中3が1人、中2が1人、小5が2人、一人忘れてしまいましたが、私と6人満室でした。
当然小4で一番年下の私は使いっパです。
中3のボスキャラの人や先輩に外科や内科の入院病棟行って
『エロ本とってこい』とか言われて行っていた覚えがあります。
当時ロビーみたいなところでも結構エロ本あったんですよね。
当時病気でしたが使いっパでかなり運動してました(笑)
5階なんで階段昇り競争とかしてたんですよね・・・
一度階段から落ちて怪我した事覚えてます・・・

最初一番きつかったのは
ボスキャラ(中3)の人から指名された人同士で殴り合いさせられる事でしたね。
当然一番年下の私は最初に指名されて年上の先輩と闘う運命です。
消灯時間が過ぎてから両手にタオルを巻いて病室の真ん中でやったのですが
そんな中でも腎臓悪い人は腎臓付近を殴っちゃいけないとか
胃が悪い人はお腹ダメ、泣いたら終了とか今考えるとかわいいルールもありましたね~
一番年下でしたが負けた記憶はないです・・・って年下なので遠慮してくれていたんだと思います。
そんななかだんだん慣れてくるとそんなこともなくなってきて中2の先輩と仲良くなりました。

その人は
ベットの回りがブルース・リーのポスターだらけで
聴いている音楽は吉田拓郎でした。
ブルース・リーの話はガセネタも含めてかなりよく聞かされてマジであこがれましたね!
私が一人で観に行った初めての映画は小4の時観た『燃えよドラゴン』です。
もうとっくにブルース・リーは亡くなっていたのでリバイバルだったんだと思います。
今でも大好きですが
中学校時代お昼のワイドショーの『あなたの知らない世界』で
夜中寝ている時に窓が空いてブルース・リーのヌンチャクの音がして
ブルース・リーが出た!という放送を見たときは
マジで自分にも出てほしくて
部屋のポスターに水をあげて毎日寝る前『出てください』と拝んでました。
今考えると笑っちゃいますね!しかも怖い・・・

そしてもう一つ
吉田拓郎さんの唄も良くきかされました。
ちなみに中3のボスキャラの人は井上陽水さんを良く聴いてましたね~

この影響で
小4の12月に退院した時に退院祝いで好きなもの買ってくれる!
と親に言われてすかさず買ってもらったのが
↓吉田拓郎『今はまだ人生を語らず』
20130521今はまだ人生を語らず
今考えると今の娘の1学年上で吉田拓郎って・・・なんかませガキですよね!
しかも親もよくそんな高い物買ってくれたと思います。
もう何回も何回も聴きました。

ちなみに買ってもらったのは
退院日秋田駅前のジャスコです!
今はフォーラスかな?!外が見えるエレベーターは昔のまんまです。

このアルバムは廃盤となっており入手不可能です。
なんでも差別用語が入っていてCD化もNGとか・・
でも何故か毎朝通勤時CDで聴いてます!
何故でしょう・・・
スポンサーサイト